売掛金回収(ファクタリング)と手形割引との違いとは?

 

日本では、昔から約束手形を銀行に持ちこんで資金調達する『手形割引』は一般的な資金調達方法としてあります。

手形割引とファクタリングの違いはどこにあるのでしょうか?

手形割引とは?


手形割引とは、簡単にいうと満期日の到来してない約束手形(売掛金)を

『金融機関でキャッシュ化』 

することです。

この売掛金を支払い期日がくる前までに現金化して、事業資金に充当する方法は、日本で昔から使用されてきました。手形の割引率は、都市銀行で1.5~3%・信用金庫で2.0~3.5%程度が多いですが、得意先の業績次第で手形割引率が高くなることも少なくないようです。

手形である得意先企業の売掛金を担保に銀行から融資を受けることで、手形貸付という短期の「借入れ」ができる仕組みです。

この手形の利用へ減ってきている中、金額が太いく今だ利用があるのが建設業界です。注文を受けてから、入金予定日がやっときても約束手形の支払いでは、キャッシュ化できるまで、そこから3ヶ月先という状況もありえます。

こんなふうに、建設業に限らず注文が入ってから、売掛金の入金日までのタイムラグが長ければ長いほど、その間に支払う経費や買掛金は大きく資金不足に陥りやすいといえます。

また、金融機関での審査は、時間がかかり即日に資金調達というわけにはいかないことから、ファクタリングに注目があつまってきています。

ファクタリングは、経済産業省も推奨する売掛金の早期回収を目的とした資金調達手段です。

手形割引とファクタリングの違いを検証

手形割引とファクタリングは、どちらも売掛金を前倒しで資金化する資金調達方法です。では、両者の違いはどこにあるのでしょうか?表で比較してみましょう。

ファクタリング 手形割引
勘定科目など 売掛金の売買
資産(普通預金)の増加
銀行融資
借入金(負債)の増加
返済義務
(償還請求権)
借入れではないため無し
(不渡りリスク回避)
入金がなければ返済義務がある
(不渡りになると自社で支払い)
審査スピード 当日~2.3日 2週間~1ヶ月程度
資金調達の速さ 最短即日~1週間程度 2週間~1ヶ月程度
審査対象 得意先(売掛先) 自社・得意先(売掛先)
信用情報 影響なし 影響有り
手数料 高め 低い

比較してみると、手数料の高さを除いては、『ファクタリング』が資金調達の速さ・信用情報への影響、償還請求(売掛金が払われなかった時の支払い義務)もなく利便性があるいえます。最短翌日から資金調達可能なファクタリングは、緊急時にも強い資金調達方法だといえます。

ファクタリングの1番の特徴は、『借入金』ではないということ。ファクタリング会社に、売掛債権を売るという事業資金の調達方法なので、負債に計上されず銀行の信用審査にも影響しないという大きなメリットがあります。

>いますぐ『ファクタリング』を検討すべき経営者さま

  1. 銀行や保証協会の融資を断られた
  2. 得意先の支払いサイトが長くて困っている
  3. 売掛金回収前に下請けの支払いで資金が不足した
  4. 誰にも知られずに売掛金を現金化したい
  5. 銀行の信用情報を傷つけたくない
  6. リスケ中(借入れ条件変更中で利息だけ払っている場合など)
  7. 給料や社会保険の支払いに困っている
  8. 売掛金の入金までに資金ショートが起きそうだ…

>資金繰り改善への10秒診断はコチラから

資金不足は上記のように、黒字経営であっても起こりうることです。様々な状況から起こることが考えられます。そういった経営者さまは、ファクタリングの導入されるとより早い段階で資金繰りが改善することが可能です。

ファクタリングは、売掛金の売買ですので持ち物(商品)を資金化する感覚で、支払い不能になる心配もありません。

資金繰りを即日に改善する『ファクタリング』

ファクタリングは、緊急時の資金不足・資金繰りの改善に最短即日で事業資金の調達可能で資金繰りに悩む中小企業さまの強みとなってくれます。

手形割引を利用しても、つなぎ資金が間にあいそうにない、一括で大きな事業資金を調達されたい経営者さまは最短即日のファクタリングを導入されてみませんか?

ファクタリングは、国も拡大を推奨している売掛金の資金化サービスでありますが、悪徳業者もでまわっているのが現状です。

そんな悪徳業者に騙されて、高い手数料や、実はファクタリング契約ではなくて高い金利の借入れだった!というふうにならないためにも、対応力が高い信頼性できるファクターを選ぶようにしましょう。

ファクター(ファクタリング会社)は国内に数多くあります。

そこで比較対象となるのが「資金調達の速さ」に加え「信頼できるか?」「手数料は?」という3点になります。

「いくら売掛金を資金化可能なのか?」

そう考えたら、事業資金の調達が最短で優良なファクタリング業者に相談してみましょう。

今いくら資金化できる?10秒で確認! 「資金調達プロ」
売掛金さえ保有していれば、簡単入力でその場で審査率と資金調達額の目安を表示。借入れではないファクタリングの無料診断だから、融資・ローンの審査基準と異なり審査もちょっと甘め。 お問い合わせ数NO1・資金繰り改善率93%の実績があり、最短翌日から資金調達が可能です。迷っている経営者さまは、いくら売掛金が資金化できるか?まずは無料チェックしてみましょう。
審査対象 個人事業主さま・中小企業さま
資金繰り改善率 93%
口コミ評価
診断方法 10秒の簡単入力(無料)
>【秘密厳守】10秒入力の無料診断はコチラから

関連記事

ファクタリングとビジネスローンの違い!デメリットを比較

どうしても運転資金が足りない!倒産しそう・・・それでもヤミ金でお金は絶対借りるな...

ファクタリングとでんさい(電子記録債権)の違いとは?

ビジネスローン・商工ローンは会社が倒産したらどうなるのか?