ファクタリングとビジネスローンの違い!デメリットを比較

 

売掛債権を活用したファクタリングと同時に、中小企業の資金調達方法の柱となっているビジネスローン。

ここでは、ファクタリングとビジネスローンの違いからメリット・デメリットを比較していきます。

ビジネスローンは即日融資可能な借入れ

ビジネスローンの種類には、事業者ローン・商工ローン・法人カードローンなど様々な種類があり、

『即日で事業資金を借入れできるサービス』 

で、昔はローンというと利息が高めの業者もありましたが、現在は年利15.0%が上限とされています。

ビジネスローンとファクタリングのメリットデメリット


ビジネスローンと聞くと、私はあまりよいイメージがもてないのですが皆さんはどうでしょうか?

私の場合ですと、以前勤めていた会社で、一度商工ローンを契約してしまって、銀行の融資をそれ以降うけれなくなったという過去があるからです。

ファクタリングの方が審査が簡単

ビジネスローンが融資契約であるのに対し、ファクタリングは売掛債権の売買での資金調達サービスになります。

ファクタリングの審査の重点は、買取った売掛金を必ず回収できるか?という、得意先の経営状態・信用性になります。そのため、依頼主の会社が赤字やリスケ中、税金滞納中であってもファクタリングは利用可能です。

これに対し、ビジネスローンは、審査対象が自社になるため、赤字や経営状態が悪化していては借入れは難しいといえます。

ファクタリング審査が決して甘いわけではありませんが、こうしてみると資金不足で困った時に、赤字であっても事業資金を調達可能なファクタリングは利用しやすいといえます。

ビジネスローンは融資(借入れ)計上される

ビジネスローンをお勧めできない理由として、一度でも資金調達のために利用してしまうことで、今後の銀行融資の審査に悪影響だということです。

これは、銀行から確認できる信用情報や、決算書の借入れ明細にも記載されてしまいます。決算書は、銀行やリサーチ会社に提出することもあり、中身をみると資金繰りに困っていることは一目瞭然で得意先からみても良い印象を受けるはずがありません。

手数料の違い

事業資金の調達時にかかる手数料だけで比較すると、ビジネスローンは利率の上限もあるため、安いといえます。

ファクタリングの相場は20%程度ですので、約5%ビジネスローンの方が手数料が安くなる計算です。

100万円、ビジネスローンで融資を受けるのと、ファクタリングで100万円の資金調達をするのでは、5万円ほど経費に差がでます。

5%の手数料の差は確かに大きいですが、信用情報に登録され今後の金融機関の融資に影響されるビジネスローンより、ファクタリングを利用して自社の信用を保った方が、今後のビジネス展開も有利に動くでしょう。

>資金繰り改善への10秒診断はコチラから

でんさいとファクタリングの違いを比較しました

でんさいとファクタリングは、両者の違いを表で比較してみましょう。

ファクタリング ビジネスローン
勘定科目など 売掛金の売買
資産(普通預金)の増加
短期・長期借入金
(負債の増加)
返済義務
(償還請求権)
無し(売掛回収不能リスク回避) 返済義務がある
資金調達額 売掛金の限度額 1,000万円程度
審査スピード 最短即日 最短即日
返済期間 売掛金回収まで 最長で10年
資金調達の速さ 最短即日 最短即日
審査対象 得意先(売掛先) 自社の経営状況
信用情報 影響なし 影響有り
手数料 高め 低い

比較してみると、ビジネスローンとファクタリングサービスは、資金調達額と信用情報への影響に大きな違いがあるといえそうです。

また、一度審査に通ってしまえば、ビジネスローンは繰り返し利用する企業も多いため、返済不能になる可能性が高くなるというデメリットがあります。

ビジネスローンとファクタリングの比較まとめ


即日で資金調達するのには、両者ともむいているサービスですが、ビジネスローンを一度利用することで、今後の融資や会社の信用情報にも支障をきたすのは経営者さまに大きな痛手です。

これは撤回する方法として、ビジネスローンを申し込んで審査が通るほどの企業さまであれば、ファクタリングを1度利用しキャッシュフローを改善させるのはどうでしょうか?

売掛金入金までの支払い期日を、数ヶ月短縮することで資産が増え、貸借対照表の見栄えをアップさせます。現在の金融機関や保証協会の借入枠が少しできたところで、融資の申し込みをされると審査が通りやすくなります。これには、融資実行時の各銀行の長期借入金の明細をみながら時期をはかると資金計画がたてやすいです。

一度のビジネスローンの利用で、銀行からの利率の低い借入れができなくなるのは、いくら銀行が貸してくれなかったとはいえ、もったいなさすぎです。

 

こんな時こそ『つなぎ資金』に、

売掛金を即日に資金化できるファクタリングを活用しましょう。

ファクター(ファクタリング会社)は国内に数多くあります。

そこで比較対象となるのが「資金調達の速さ」に加え「信頼できるか?」「手数料は?」という3点になります。

「いくら売掛金を資金化可能なのか?」

そう考えたら、事業資金の調達が最短で優良なファクタリング業者に相談してみましょう。

今いくら資金化できる?10秒で確認! 「資金調達プロ」
売掛金さえ保有していれば、簡単入力でその場で審査率と資金調達額の目安を表示。借入れではないファクタリングの無料診断だから、融資・ローンの審査基準と異なり審査もちょっと甘め。 お問い合わせ数NO1・資金繰り改善率93%の実績があり、最短翌日から資金調達が可能です。迷っている経営者さまは、いくら売掛金が資金化できるか?まずは無料チェックしてみましょう。
審査対象 個人事業主さま・中小企業さま
資金繰り改善率 93%
口コミ評価
診断方法 10秒の簡単入力(無料)
>【秘密厳守】10秒入力の無料診断はコチラから

関連記事

どうしても運転資金が足りない!倒産しそう・・・それでもヤミ金でお金は絶対借りるな...

ビジネスローン・商工ローンは会社が倒産したらどうなるのか?

ファクタリングとでんさい(電子記録債権)の違いとは?

売掛金回収(ファクタリング)と手形割引との違いとは?