【借りるより資金化】ファクタリングに向いている業種と特徴とは?

 

ファクタリングは、売掛金さえ保有していれば資金化・現金化が可能なサービスです。

しかし、その中にも業種によって向いている・メリットが大きい業種もあります。これは、中小企業さまに限らず個人事業主さまのファクタリングにも共通しています。

ファクタリングは、利用するお客さまによって使い方は様々ですが、資金に少し余裕のあるときでも「もしもの時」のために、1度利用しておくと困った時にも安心です。

ここでは、ファクタリングに向いている業種・特徴をまとめています。

ファクタリングに向いている業種・特徴とは

得意先が大口も多い「建設業界」


ゼネコンや建設業界の会社さまには、ファクタリングを導入されている経営者さまが多くいらっしゃいます。これは、中小企業さま・個人事業主さまであっても、得意先(売掛先企業さま)が大手企業や市・県などということもあり、大口の案件になれば仕入れから売掛金の回収まで半年という時間を要すこともあります。

この売掛金の回収までの間には、

  • 仕入れ先へ(材料費や外注費)の支払い
  • 従業員の給料
  • 借入金の返済
  • 毎月の経費(家賃や保険料)など

を、支払いながら資金繰り計画をたてる必要があります。

しかし、現場が外の工程の時には天候が悪かったりすると思うように作業が進まない日もあり、予定に組み入れていた資金が計画通りに入金されないことも起こってきます。

資金繰りでショートしそうな時、売掛金の回収までに長いタイムラグがある建設業は、ファクタリングを利用することで最短即日に資金繰りを改善できる大きなメリットとなります。

また、建設業は得意先や仕入先とも繋がりが強いため、得意先相手まで売掛金を資金化したことの連絡がいく3社間ファクタリングよりも、お客さまとファクタリング会社だけの「2社間ファクタリング」で現金化する利用者さまが圧倒的に多いです。

手数料は3社間に比べ高くなりますが、2社間のみのスピーディーな資金調達で得意先さまとの信頼性も保てるファクタリングは魅力的なサービスです。

在庫を大量にかかえることが多い業種


アパレル業界など輸入会社さまにおいては、大型の連休や商品の売り出し時期の前に、大量の在庫を抱えることもあります。

輸入商品であれば、海外との休みの兼ね合いもあり、年に数回はコンテナで大量に輸入することも多いのではないでしょうか。また、時期がすぎでしまい在庫が余って保管費用だけかかってしまい資金不足の状況も考えられます。

一時的に、資金不足になり資金繰りが悪化した緊急時でもファクタリングは役に立ちます。一度、ファクタリングを利用し資金繰りに余裕をもって商品の売り込みを行ったり、次の融資のために利益を伸ばす対策を練りましょう。

WEB関連の会社「IT業界」


ネット関連の会社さまでも、大口案件が入ったときに嬉しい一面、納期までの資金繰りに困ってしまうケースもみられます。

特に、WEB業界では「ベンチャー企業」さま、新規で事業を立ち上げて実力がある経営者さまが多いです。しかし、金融機関の融資は実績がないと難しい面もありますよね。

こんな時でも、ファクタリングなら売掛金先さまの経営状況を重視した審査ですので、企業したばかりで、経営業績がまだないという場合でも、売掛金を利用して即日に資金化が可能です。

実力がある会社さまだからこそ、急なピンチにはファクタリングを利用して事業拡大を目指したいですよね。

医療業界・介護業界のファクタリング


介護や医療業界で国民保険保険団体に対し、保険利用を請求する給付金を利用することでファクタリングを利用することもできます。一般的に、レセプトを作成し国から給付金が入金されるまで、約2ヶ月といわれています。

この2ヶ月間というタイムラグを前倒しすることで、現金化した資金を新たな事業展開の利用することが可能です。優秀な人材の獲得や備品の購入など使用用途は様々です。

また、入金される相手が国ということで、信頼性は高く売掛金(給付金)が回収不能になるリスクは極めて低いため、手数料が安価であることが通常です。

いつでも「まさかの事態」に対して対策を!


いくら業績のよい状態、毎月の経営は黒字であったとしても、資金繰りがショートになるケースはあります。

銀行の融資は、審査も長いため資金調達までに1ヶ月程度かかることもありますし、企業の決算状況によっては貸し渋りをされることも少なくありません。

営業や現場に忙しく資金繰りにまで手がまわらない、そんな経営者さまも多いと思いますが、どんぶり勘定にならないように、常に3ヶ月後くらいまで見越した資金計画をたてることが大切です。

しかし、まさかという事態もありえます。

急な資金ショートでも、ファクタリングなら最短即日(2.3日)で資金化が可能です。

急な資金不足で困った時には、ファクタリングサービスを活用することがオススメです。借入れではない売掛金を資金化する資金調達の方法ですので、銀行の信用情報に傷がつくことなく、決算書にもプラスになり、余裕をもって資金計画を立て直すことができます。

【絶対秘密主義】 2社間取引なら 『ビートレーディング』 国内の有料ファクターを 一括比較! 『資金調達プロ』
betrading1 business
業界NO1の対応力の速さで、最短翌日の資金調達! 審査通過率98%で、全国対応のビートレーディング。業界最安値の手数料に挑戦中!
国内の良質なファクタリング会社を一括比較! 簡単10秒入力で審査通過率を表示!資金調達の目安を『その場で確認』できます! ⇒簡単10秒の無料診断を試す
 

関連記事

ファクタリングは違法性があるのか?法律との関係について

個人事業主でも売掛金を資金化できるのか?ファクタリングを導入するには?

売掛金回収(ファクタリング)で資金繰りは改善できるのか?理由を検証

売掛債権を資金化!ファクタリングで事業資金を即日調達する仕組み