売掛債権を資金化!ファクタリングで事業資金を即日調達する仕組み

 

ファクタリングサービスとは、売掛金(売掛債権)を第三者のファクター(ファクタリング会社)が買取る売買取引のことです。

なぜ、このように売掛金を利用した事業資金の調達が普及しているの理由には、日本の歴史的背景にありました。

中小企業の新しい事業資金の調達手段『ファクタリング』


上記は、国内の約8割といわれる中小企業のバランスシートの資産割合(貸借対照表・B/S)。

以前は、土地や家などの固定資産を担保に借入れ(融資)を行うことが主流でしたが、最近は保有数も減っていたり不動産そのものの価値が下がっている傾向にあります。

また、受取手形を利用する会社も以前より減少してきており、手形割引が利用できる機会も少なくなりました。

上記図の資産科目の中で、効率よく事業資金を調達できる新しい手段として、『ファクタリングサービス』が生まれました。

ファクタリングとは、売掛金のから入金までの『タイムラグ』という問題を解消し、支払いサイトを前倒しに現金化を早め資金繰りの改善をはかる方法です。
また、ファクタリングは経済産業省も推奨する資金調達手段です。

ファクタリングを活用すべき経営者(企業)さまとは?


企業にとって、資金繰りショートは致命的です。

資金繰りの問題は、中小企業にとって日常的に起こりえる問題です。毎月の決算は、黒字であっても資金繰りに頭を悩ませることも少なくありません。以下の条件に当てはまる経営者さまは、ファクタリングで悩みを早急に改善することが可能です。

>いますぐ『ファクタリング』を検討すべき経営者さま

  1. 銀行や公的機関の融資を断られた
  2. 得意先の支払いサイトが長くて困っている
  3. 誰にも知られずに売掛金を現金化したい
  4. 銀行の信用情報を傷つけたくない
  5. リスケ中(借入れ条件変更中で利息だけ払っている場合など)
  6. 給料や社会保険の支払いに困っている
  7. 消費税・法人税の支払いが急にきた
  8. 売掛金の入金までに資金ショートが起きそうだ…

>資金繰り改善への10秒診断はコチラから

金融機関や公的機関に融資を断られてしまったら、ファクタリングを検討するのも1つの方法です。

ファクタリングの審査の目的

ファクタリングは、自社の審査ではなく売掛金の回収の確実性を審査するので、もし自社の経営が赤字の時であっても売掛債権を保有していれば利用できるのがファクタリングのメリットといえます。

ファクタリングがビジネスローンや金融機関と圧倒的に違う点は『借入れ(負債)』にならないことです。これは、売掛債権の売買取引というファクタリングの性質からで、銀行や帝国データバンク等の信用調査にも影響が及びません。

また、銀行の審査とは違いファクタリングには、『審査から資金化までのスピード』が圧倒的に速く、必要書類さえ揃っていれば最短即日で事業資金の調達が可能です。

ファクタリングの契約までの手順


ここでは、ファクタリングの国内の利用者が多い2社間ファクタリングの審査から契約までの手順をご紹介します。

  1. 商品・サービスを販売し売上げが発生・売掛金ができる
  2. 売掛先(得意先)に請求書を発行する
  3. お客さま・ファクタリング会社で売掛債権のファクタリング契約を結ぶ
  4. ファクタリング会社から依頼会社へ買取金額(手数料を差引いた額)での支払い(資金調達)
  5. 売掛先さま(得意先)からお客様へ入金
  6. お客さまからファクタリング会社へ支払い

売掛債権の審査から契約・資金調達まで、最短翌日も可能です。ファクタリングの事業資金の調達の速さは、他の資金調達方法にはない強みでもあります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

また、ファクタリングの種類には下記の2種類があります。

2社間ファクタリング

①自社・ ②ファクタリング会社の2社のみ契約

⇒ファクターと自社の2社間での契約なので、取引先にも知られず秘密で売掛債権の資金化が可能。国内は2社間取引が主流。

3社間ファクタリング

①自社 ・②得意先・ ③ファクタリング会社の3社での契約

⇒得意先に、売掛債権をファクタリング会社に売買した連絡が入る3社間取引。得意先に知られるために中小企業の利用者は少ない。

2社間ファクタリングは、売掛金を売買したことを得意先に知られることなく、事業資金を調達でき2社間のみであることから資金調達までのスピードも最速です。

手数料は、ファクター(ファクタリング会社)により掛け率が変動しますので、信頼のできる対応力と手数料のファクターを選ぶと良いでしょう。

【絶対秘密主義】 2社間取引なら 『ビートレーディング』 国内の優良ファクターを 一括比較! 『資金調達プロ』
betrading1 business
業界NO1の対応力の速さで、最短翌日の資金調達! 審査通過率98%で、全国対応のビートレーディング。業界最安値の手数料に挑戦中!
WEBの「簡単記入」で国内の良質なファクタリング会社を一括比較! 簡単10秒入力で審査通過率を表示!資金調達の目安を『その場で確認』できます! ⇒簡単10秒の無料診断を試す

今後もファクタリングの利用は拡大傾向にある

ファクタリングは、アメリカでは100年以上も前から利用されている資金調達方法です。国内においても、2003年ごろから徐々に増加傾向にあり銀行や大手企業もファクタリング市場に参入しています。

その中でも、中小企業は日本の8割を占め、経済に重要な役割を持ちます。受取手形の利用が減少し、銀行や金融機関からの貸し渋りや審査が厳しくなる一方で、ファクタリング取引の利用企業は拡大するでしょう。

経済産業省もファクタリングを推奨している事実

3-2.売掛債権担保の活用に係る課題
売掛債権担保融資は、企業が取引先に対して保有している売掛債権を担保として金融機関が当該企業に融資するものであるが、活用されていない原因として次の点が指摘できる。
一つは、売買や請負などの一般の契約において債権譲渡禁止特約が存在していることである。売掛債権担保融資は売掛債権を譲渡担保として行われるため、契約において債権譲渡禁止特約が存在する場合には売掛債権を担保に資金調達することができない。債権譲渡禁止特約は当事者間の契約による商慣行上の問題であるとともに、これには誤払い防止など一定の合理性を有する面もあり、その全てを一律に否定することは難しいが、売掛債権担保の活用を拡大する観点から、契約における債権譲渡禁止特約の解除を産業界に働き掛け続けることが必要である。
もう一つは、売掛債権を担保に資金調達することが風評被害を招きかねないという点である。つまり、「売掛債権にまで手を出さなければ資金の調達ができず、資金繰りが苦しい企業である」とみなされる懸念があるということある。
この問題については、売掛債権を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要である。

引用:中小企業における資金調達の課題

また、中小企業の経営悪化を防ぐため、『売掛債権を活用した資金調達』を推奨していることが経済産業長のホームページにて確認できます。

資金繰りを早急に改善するなら『ファクタリング』

日本においては、正直なところまだまだ普及してるとはいえないファクタリング。ですが、上記でもお話したとおり約束手形の利用が減っている今、ファクタリングの活用は大幅に増えてきています。

ファクタリングは、経済産業省も推奨しているサービスであり、日本にも浸透しつつありますが、悪徳業者もでまわっているのが現状です。

そんな悪徳業者に騙されて、高い手数料や、実はファクタリング契約ではなくて高い金利の借入れだった!というふうにならないためにも、対応力が高い信頼性できるファクターを選ぶようにしましょう。

ファクター(ファクタリング会社)は国内に数多くあります。

そこで比較対象となるのが「資金調達の速さ」に加え「信頼できるか?」「手数料は?」という3点になります。

「いくら売掛金を資金化可能なのか?」

そう考えたら、事業資金の調達が最短で優良なファクタリング業者に相談してみましょう。

【絶対秘密主義】
2社間取引なら
『ビートレーディング』
国内の優良ファクターを
一括比較!
『資金調達プロ』
betrading1 business
業界NO1の対応力の速さで、最短翌日の資金調達! 審査通過率98%で、全国対応のビートレーディング。業界最安値の手数料に挑戦中!
WEBの「簡単記入」で国内の良質なファクタリング会社を一括比較! 簡単10秒入力で審査通過率を表示!資金調達の目安を『その場で確認』できます!
⇒簡単10秒の無料診断を試す
今いくら資金化できる?10秒で確認! 「資金調達プロ」
売掛金さえ保有していれば、簡単入力でその場で審査率と資金調達額の目安を表示。借入れではないファクタリングの無料診断だから、融資・ローンの審査基準と異なり審査もちょっと甘め。 お問い合わせ数NO1・資金繰り改善率93%の実績があり、最短翌日から資金調達が可能です。迷っている経営者さまは、いくら売掛金が資金化できるか?まずは無料チェックしてみましょう。
審査対象 個人事業主さま・中小企業さま
資金繰り改善率 93%
口コミ評価
診断方法 10秒の簡単入力(無料)
>【秘密厳守】10秒入力の無料診断はコチラから

関連記事

【借りるより資金化】ファクタリングに向いている業種と特徴とは?

個人事業主で少額の売掛金を資金化できるのか?ファクタリングを導入するには?

ファクタリングは違法性があるのか?法律との関係について

売掛金回収(ファクタリング)で資金繰りは改善できるのか?理由を検証