売掛金回収(ファクタリング)で資金繰りは改善できるのか?理由を検証

 

資金繰りでお悩みの中小企業の経営者さまはとても多いと思います。毎月の資金管理は上手くいってたとしても、急な出来事で思いもよらず資金不足になってしまったという社長さまも多いのではないでしょうか?

資金繰り改善には、売上げや利益を増やすほかにも売掛金の回収時期を早めるという方法もあります。

今回は、『ファクタリング』で売掛金の早期回収で資金繰り改善は本当にできるかについて検証していきます。

ファクタリングを簡単にわかりやすく説明

ファクタリングを簡単にいってしまうと、

『売掛金を即キャッシュ化』

翌月・翌々月に入金される前に、ファクタリング会社を売掛金を買取り、即日に指定口座に入金される仕組みです。

shikin上記の図をみられてもわかるように、売掛金の入金日より前倒しして資金調達できることから、売上から入金までの『タイムラグ』を解消し、次の資金にまわすことができ資金の効率化が図れます。

また、ファクタリングの1番の特徴は、『借入金』ではないということ。ファクタリング会社に、売掛債権を売るという資金調達の方法なので、負債にならず銀行の信用審査にも影響しないという大きなメリットがあります。

ファクタリングは、経済産業省も推奨する売掛金の早期回収を目的とした資金調達手段です。

ファクタリングと借入れの違いを検証


ファクタリングと借入れ(融資)の違いはどこにあるのでしょうか?表で比較してみましょう。

ファクタリング 借入れ
勘定科目など 売掛金の売買
資産(普通預金)の増加
長期・短期借入金
借入金(負債)の増加
審査スピード 当日~2.3日 2週間~1ヶ月程度
資金調達の速さ 最短即日~1週間程度 1ヶ月程度
審査対象 得意先(売掛先) 自社
信用情報 影響なし 影響有り
手数料 高め 低い

比較してみると、手数料の高さという1つを除いては、『ファクタリング』が圧勝です。最短翌日から資金調達可能なファクタリングは、緊急時にも強い資金調達方法だといえます。

>いますぐ『ファクタリング』を検討すべき経営者さま

  1. 銀行や保証協会の融資を断られた
  2. 得意先の支払いサイトが長くて困っている
  3. 売掛金回収前に下請けの支払いで資金が不足した
  4. 誰にも知られずに売掛金を現金化したい
  5. 銀行の信用情報を傷つけたくない
  6. リスケ中(借入れ条件変更中で利息だけ払っている場合など)
  7. 給料や社会保険の支払いに困っている
  8. 売掛金の入金までに資金ショートが起きそうだ…

>資金繰り改善への10秒診断はコチラから

資金不足は上記のように様々な状況から起こることが考えられます。そういった経営者さまは、ファクタリングの導入されるとより早い段階で資金繰りが改善することが可能です。

売掛金の売買ですので持ち物(商品)を資金化する感覚で、支払い不能になる心配もありません。

ファクタリング導入後の資金繰りは?

keikaku

ファクタリングを実際に利用し、資金化するには手数料が必要になってきます。国内には、多くのファクタリング業者が存在しますが、中にはファクタリングという言葉だけを利用した悪徳業者もいるため注意しなければいけません。

手数料を払ってまでも資金繰り改善できる理由

ファクタリングを利用することで、数ヶ月先の売掛金が資金化で資産が増え、キャッシュフローも改善されることから金融機関の評価もかわります。しかし、ファクタリング会社によって手数料の掛け目があることから事前に確認しておくことが大切です。

ファクタリングサービスを活用する中小企業の多くは、経営が一時的に悪化したものの、売掛金を早期回収して資金繰りとキャッシュフローを改善をし、銀行評価を上げた企業さまがほとんどです。

また、ファクタリングは売掛金の売買なので、たとえ得意先が倒産したとしても返済する必要がなく『回収不能リスク回避』のメリットもあります。

ファクタリング会社に無料相談をし、入金までのサイトを数ヶ月短縮できると、これからの業務拡大にも利用できます。

次の契約のための仕入れ資金・支払経費を気にする必要がない、ということは経営者さまにとって大きな強みになります。ファクタリングで大きなまとまとって資金を一括で手にいれるということは、手数料より大きなメリットなのです。

ファクタリング導入の成功事例

1080万円を2日で資金調達(製造業)

急な売掛先の倒産にも、ファクタリング活用で資金ショートを回避すれば経営のV字回復にも繋がります。

  • 希望額:1000万⇒ 資金調達額1080万円
  • 財務状況:債務超過
  • 税金:滞納中
  • ファクタリング手数料:20万円

急な受注に対応できず雇用拡大後に、売掛先の倒産により資金繰りが悪化。銀行は対応してくれず、困り果てていたところ、ファクタリングによる前払いシステムを知りました。

無事に資金を受けることが出来て非常に助かりました。今は順調に販路を拡大して経営が安定期に入っています。

672万円を1日で調達(販売業)

急な受注拡大には、大量の仕入れが必要ですが、その仕入れ(開花課金)支払い費用としてもファクタリングを活用できます。

  • 希望額:500万⇒ 資金調達額672万円
  • 財務状況:悪化
  • 税金:滞納してない
  • ファクタリング手数料:8万円

どんどん売り上げが上がるのに、仕入れが追い付かない。でも、新規に注文しないわけにはいかないし、従業員への給料を支払わなければなりません。

そんな時に無料診断をしてみたところ、毎月の売掛金がそのまま資金として現金化できることを知りました。お陰様で売り上げはさらにどんどん拡大していく事が出来ています。融資のように時間もかからないので、非常にスピーディーで助かっています。

ファクタリングにむいている業種は?

ファクタリングは、成功事例でもみれるように、税金滞納中・リスケ中・業績が一時的に悪化している場合でも利用可能です。

また、仕入れてから売上げ計上をし、売掛金まで入金のタイムラグが長ければ長いほど資金繰り改善効果は高くなるといえます。

例えば下記のような中小企業さまに最適です。

貿易会社

大量ロットでコンテナを仕入れ、在庫を保管し数ヶ月にわたって在庫から販売していき、仕入れから入金までのタイムラグが大きいです。こんな時でも、一度ファクタリングを利用してそのタイムラグを短縮することができれば、次からの資金繰りがスムーズになります。

製造会社

大手企業の下請けの企業さまだと、売掛金の支払いが3ヶ月後ということは一般的です。資金が不足する前に、ファクタリングを活用しキャッシュフローを改善させ銀行の融資枠を増やされた企業さまもいらっしゃいます。

建設会社

建設会社は、材料が1つ1つ高いですし、大きな工事や建設となると数ヶ月後の入金となることは多いです。その間の、支払い(買掛金)や下請けの支払いなどに頭を悩ます経営者さま、そんな大きなタイムラグこそファクタリングが有効です。

ベンチャー企業

新規に会社を立ち上げ時は、実績がないため銀行の融資の目は厳しいです。しかし、ファクタリングなら審査対象が売掛先さま重視になるため、ベンチャー企業であってもファクタリングを活用しやすいといえます。

資金繰りを即日に改善する『ファクタリング』

ファクタリングは、急な資金不足・資金繰りの改善に有効な即日の資金調達手段といえます。

ファクタリングは、経済産業省も推奨しているサービスであり、日本にも浸透しつつありますが、悪徳業者もでまわっているのが現状です。

そんな悪徳業者に騙されて、高い手数料や、実はファクタリング契約ではなくて高い金利の借入れだった!というふうにならないためにも、対応力が高い信頼性できるファクターを選ぶようにしましょう。

ファクター(ファクタリング会社)は国内に数多くあります。

そこで比較対象となるのが「資金調達の速さ」に加え「信頼できるか?」「手数料は?」という3点になります。

「いくら売掛金を資金化可能なのか?」

そう考えたら、事業資金の調達が最短で優良なファクタリング業者に相談してみましょう。

【絶対秘密主義】
2社間取引なら
『ビートレーディング』
国内の有料ファクターを
一括比較!
『資金調達プロ』
betrading1 business
業界NO1の対応力の速さで、最短翌日の資金調達! 審査通過率98%で、全国対応のビートレーディング。業界最安値の手数料に挑戦中!
国内の良質なファクタリング会社を一括比較! 簡単10秒入力で審査通過率を表示!資金調達の目安を『その場で確認』できます!
⇒簡単10秒の無料診断を試す

 

 

関連記事

個人事業主でも売掛金を資金化できるのか?ファクタリングを導入するには?

ファクタリングは違法性があるのか?法律との関係について

売掛債権を資金化!ファクタリングで事業資金を即日調達する仕組み