個人事業主でも売掛金を資金化できるのか?ファクタリングを導入するには?

 

売掛金の早期資金化によって、最短即日で資金調達が可能なファクタリング。

中小企業さまの利用が多いイメージのファクタリングですが、個人事業主の方でも利用できるのでしょうか?

個人事業主さまはファクタリングが利用できない?


個人事業主さまは、銀行融資をうけづらいという話をよく聞きますよね。

ですが、ファクタリングは売掛金があれば資金調達可能になり、資金繰りを早期に改善する有効手段として注目と集めています。

結論からいってしまうと、

個人事業主さまでもファクタリング導入は可能です。

しかし、ファクタリング会社によっては、個人事業主さまとの契約はNGとしている業者も少なくありません。理由としては、売掛金が小口であることや債権譲渡登記ができないなどがあげられます。

売掛金が小額である

ファクタリングサービスは、不動産会社と同じように手数料を支払って売掛債権を買い取ってもらうシステムです。

これは、10万円であっても1,000万円であっても同じ手順で契約実行となります。契約には、契約書に貼る収入印紙代や事務費、手数料がかかってきます。

実際に、10万円・20万円のファクタリング契約をしたとすると、手数料や経費を引くとあまり個人事業主さまの手元に資金が残らないという現状があります。

しかし、50万円以上の取引が可能なファクタリング会社もありますので、一度相談されるのが良いでしょう。

債権譲渡登記ができない

ファクタリング会社と企業さまの2社間でファクタリング契約を結ぶ場合、売掛債権の登記を行うことがほとんどです。

しかし、これは法人企業さまのみに可能な対抗要件の登記となっています。ビートレーディングなら、未登記のファクタリング実績もあるようです。

相談する時には、保有している売掛金から資金化が可能か?ファクタリング手数料はいくらになるのか、しっかり確認しましょう。

2社間ファクタリングは、手数料が高めであっても売掛金の早期回収というメリットの方が断然大きいため導入する企業は増えてきています。また、保証人不要で負債にならず今後の銀行融資にも影響しないという点も評価が高い理由です。

売掛先さまが個人事業主だったら?

個人事業主さまの得意先(売掛先)企業さまが、法人だった場合には、資金化が可能ですが、相手企業も個人事業主さまだった場合はどうでしょうか?

様々なファクター(ファクタリング会社)を確認しましたが、売掛先が個人事業主さまという場合は信用調査をすることが難しいためにファクタリングの実行が厳しいといえます。

しかし、不可能かどうかは、一度相談してみないとわからないことです。

まずは、1つ1つの会社を確認していくよりも、国内のファクタリング業者を一括比較する、『資金調達プロ』に相談してみることをおすすめします。

>『資金調達プロの10秒の無料診断』は入力だけで、その場で審査通過率・目安の資金調達額も見れてわかりやすいです。

ファクタリングは売掛債権保有で資金化可能

下記の経営者様もファクタリングなら事業資金を即日調達

  1. つなぎ資金が不足している
  2. 経営状態が債務超過だ
  3. リスケ中である(借入れ条件変更中)
  4. 金融機関・ノンバンクで融資を断られた
  5. 赤字決算になった
  6. 税金を滞納中である
  7. 売掛先の入金が遅れた

資金調達に悩んでいる経営者さまは、

すぐに行動することで、数ヶ月後の資金繰りは改善されているかもしれません。

ファクタリング会社は国内にも数多くあります。

そこで比較対象となるのが「資金調達の速さ」「過去の実績と対応力」「信頼できるか?」という3点です。

「いくら資金調達が可能なのか?」

そう思ったら、売掛金の資金調達が最短で優良なファクタリング業者を探してみましょう。

【絶対秘密主義】
2社間取引なら
『ビートレーディング』
国内の有料ファクターを
一括比較!
『資金調達プロ』
betrading1 business
業界NO1の対応力の速さで、最短翌日の資金調達! 審査通過率98%で、全国対応のビートレーディング。業界最安値の手数料に挑戦中!
国内の良質なファクタリング会社を一括比較! 簡単10秒入力で審査通過率を表示!資金調達の目安を『その場で確認』できます!
⇒簡単10秒の無料診断を試す
 

関連記事

ファクタリングは違法性があるのか?法律との関係について

売掛金回収(ファクタリング)で資金繰りは改善できるのか?理由を検証

売掛債権を資金化!ファクタリングで事業資金を即日調達する仕組み