青森県で売掛金の買取相談(ファクタリングサービス)で事業資金を即日調達

 

ファクタリングとは、売掛金を売却し事業資金を即日に調達するサービスです。

青森県には、都市銀行をはじめ、地方銀行・信用金庫、また日本政策金融公庫など様々な借入れ機関があります。

※青森県の地方銀行・信用金庫(抜粋)

  • 青森銀行・みちのく銀行・青森銀行・秋田銀行・岩手銀行など
  • 青森県信金など

このサイトを見ていただいている方の中には、青森県の金融機関で融資を断られて事業資金に困っているという経営者さまもいらっしゃると思います。

⇒ファクタリングは、財務状況に左右されない国も推奨している事業資金の調達方法です。

赤字決算や債務超過であっても売掛金さえあれば事業資金を即日調達可能で、多くの中小企業さまにご利用いただいております。

ファクタリングサービスと銀行融資との違い


ファクタリング契約とは、売掛債権を保有するお客様とファクタリング会社との売買取引です。

審査基準の違い

ファクタリングの審査の重点となるのは、自社(お客様)ではなく取引会社さま(売掛先)であるためお客さまの財務状況に左右されないという特徴があります。

対し銀行では、自社の財務状況や信用情報を基準とされます。

また、審査スピードもファクタリングは即日ですが、銀行は1ヶ月程度かかることもあります。

会計処理の違い

銀行は「融資」(負債)であるのに対し、ファクタリングは売掛金のキャッシュ化という資金調達方法であるため借入れとは全く異なります。

また、返済方法も銀行は毎月「元金+利息」を返済しますが、ファクタリングは得意先さまからの売掛金入金後の一括振込み時のみです。

ファクタリングの種類は?


ファクタリングは、2社間取引・3社間取引がありますが国内での主流は2社間ファクタリングです。

2社間取引=お客様とファクタリング会社のみ契約

3社間取引=お客様・ファクタリング会社・得意先さまの3社間契約

2社間は取引相手に知られないのに対し、3社間では取引先の承諾を得る必要があるため、得意先にファクタリング契約したことを知られ信用情報にかかわることがあります。

これは、ファクタリング契約の仕組みが国内に浸透していないためです。例にすると下記のような感じです。

ファクタリングサービスの認知が低い得意先さまに、

ファクタリング会社:【売掛金を売って事業資金(キャッシュ)にするために承諾をお願いします】

こういうふうに、電話等でお伝えるとすると、

得意先さま:【資金が足りないなんて、倒産しそうなのか?大丈夫だろうか?】

と、自社(お客さま)の経営状況を不安がられることでしょう。信用を失うと、これからの得意先さまとの取引にも悪影響が生じ、最悪取引停止になる可能性さえありえます。

この不安をなくすため、国内ではお客さまとファクタリング会社の2社間のみでの売買契約が一般的です。

売掛債権からの事業資金を調達するファクタリングは、国も推奨している資金調達方法であり、安心して取引ができる仕組みです。

ファクタリングの注意点

ファクタリングサービスには、気をつけておきたい点が1つあります。

ファクタリングという仕組みを利用する中小企業さまが増えてきたのと同時に、ファクタリングという言葉を装った悪徳業者も急増しています。

これは、急いで資金調達をしようとしている経営者さまの心の隙間に入り込んだ悪徳業者の高利貸しです。高い利率で売掛金を担保に借入れをさせるもので、ファクタリングと全く異なります。

急いでいるときに、おちついて判断してください、というのは難しいです。それなら、1つ1つファクタリング会社を探すよりも、国内の優良業者を一括で探してくれる売掛金のプロに相談するのが最良です。

>>資金繰り改善率93%以上!資金調達プロのファクタリング10秒診断

2社間ファクタリングサービスとは

売掛金を資金化する、日本での主流は2社間ファクタリングサービスです。わかりやすく申し込み~契約完了までの手順を解説していきます。

  1. 商品を販売し売上げが発生・売掛金ができる
  2. 売掛先(得意先)に請求書を発行する
  3. お客さま・ファクタリング会社で売掛債権のファクタリング契約を結ぶ
  4. ファクタリング会社から依頼会社へ買取金額(手数料を差引いた額)での支払い(資金調達)
  5. 売掛先さま(得意先)からお客様へ入金
  6. お客さまからファクタリング会社へ支払い

売掛金の売買を結び資金調達まで、スピーディーに進むと最短翌日も可能です。ファクタリングの事業資金の調達の速さは、他の資金調達方法にはない強みでもあります。

2社間取引のメリットとデメリット

2社間ファクタリングのデメリットは、手数料が高いということです。

理由として、売掛先(得意先)の了承を得てない分、ファクタリング会社は売掛債権回収不能になるリスクもあることから手数料を設定してあるためです。

しかし、お客さまが売掛金を回収できなかったとしても、ファクタリング会社が売掛債権を購入後は回収不能になるリスクがないことはメリットといえます。

ビジネスローンとの比較・違いはどこか


ビジネスローンをお考えの青森県の企業さまもいらっしゃると思いますが、ビジネスローンも銀行の借入れ同様に融資契約になります。そのため、毎月の元本と利息の返済が必要となってきます。

会計処理(仕訳方法)の違い

銀行以外のビジネスローン(銀行系や信販系など)は、会計処理で借入金(負債)に計上されるため、銀行の融資審査に関わる信用情報にも影響してきます。

もし、これから先にも金融機関や公的機関の融資を検討しているのであれば、ビジネスローンはお勧め致しません。

対しファクタリングは、売掛金を前倒ししてのキャッシュ化であるため、負債計上にはなりません。売掛金を活用し事業資金にかえることで普通預金を増やし貸借対照表の見栄えをよくするメリットもあります。

また、ファクタリングは借入れではありませんので、金融機関の信用情報に影響がありません。

返済不能になるリスク

ビジネスローンは、借入れですので融資をうけたあとはビジネスローン会社に毎月返済していきます。

ビジネスローンの特徴として、一度審査に通過してしまえば、毎月の返済できる範囲を超えて借りれることもあり、返済不能になるケースも多いようです。

 

ファクタリングは、得意先さまから売掛金の入金があった後にファクタリング会社へ一回の支払いのみです。

売掛金以上の額の事業資金の調達はできませんが、仮に売掛先さまが倒産して入金されなかった場合でも、ファクタリング会社へ返済は不要ですので、支払いに困ることはゼロです。

審査の方向性

ビジネスローンは、お客様の会社に対しての信用調査をしますが、ファクタリングサービスは、売掛先企業さまに重点をおいて信用性を調査しています。

これは、ファクタリング会社が売掛金回収を確実にするためで、依頼主である企業さまよりも得意先企業さま中心の審査になります。

このため、税金滞納や赤字決算の青森県の中小企業さまでもファクタリング契約を実行することは可能です。

手数料・利息の違い

ビジネスローンは、自社の信用性や財務状況により利率が変動します。

ファクタリングサービスは、売掛先企業さまの信用性や財務状況によっても手数料が変わってきます。

両者を比べると、ファクタリング契約の方が手数料は割高になってきますが、そのデメリット以上に銀行融資に繋がるメリットの方が大きいと感じています。

ファクタリングで事業資金を即日で調達するポイント


青森県の企業さまが、ファクタリングで事業資金を即日調達するための条件は、「希望額以上の売掛金を保有している」ことです。

売掛金企業さまと継続取引があり入金が確認できる書類、安定的な企業さまであれば審査がスムーズに行えます。 ファクタリングは、即日のつなぎ資金を調達できるため中小企業さまのお悩みである『資金繰り』が数日で改善!されることも日常的にあり、珍しいことではありません。

こんな経営者様もOK!ファクタリングなら事業資金に困らないのはなぜか

  1. つなぎ資金が足りない
  2. 債務超過になっている
  3. リスケ中である(借入れ条件変更中)
  4. 金融機関・ノンバンクで融資を断られた
  5. 赤字決算になった

上記の青森県の会社の経営者さまでも「売掛債権を保有」が確認できれば最短即日で安心してご利用いただけます。

ファクタリング会社は国内にも数多くあります。

そこで比較対象となるのが「資金調達の速さ」と「信頼できるか?」という2点です。

「いくら事業資金を調達可能?」

そう思ったら、売掛金の資金調達が最短で優良なファクタリング業者を探してみましょう。

 

関連記事

関連記事がありません。